立春大吉

一月の下旬、

節分の話をした後で、

 

「鬼ってなんだと思う?」

という話になりました。


初めは、

「鬼… 怖い!  悪い!」

と言っていた子どもたちでしたが、

 

「先生の中にも鬼がいると思うんよ。

う~んめんどくさがり鬼とか

いじわる鬼とかね。」

と話すと、

 

子どもたちからも ポツリポツリと

出てきました

「わがまま鬼」「すぐ叩く鬼」

「ヤダヤダ鬼」

 

「そうだね~ わかるよ~。」

部屋がシーンとなりました。

 

そしてお面作り。


今年も迫力のあるお面ができました。


自分で作り上げたお面が嬉しくて、

ずっとかぶっていた子どもがいました。

わらべ歌遊びの「あぶくたった」

をする鬼たち。

ブロック遊びをする小鬼さん。


いい春が来そうです。

わらべ歌遊びの「あぶくたった」

をする鬼たち。

ブロック遊びをする小鬼さん