1月のわらべ歌「一の木ニの木」

かんかんむらでは、

毎月三曲ずつわらべ歌を

楽しんでいます。

 

1月は、

まりつき遊びの「唐梅幹竹」、

雪の日を歌った「上見れば」、

 

そして紙風船などを突きながら歌う

「一の木ニの木」です。

 

紙風船は自分で膨らませて遊び、

自分でたたみます。

 

紙なので、丁寧に扱わないと

破けてしまいます。

 

ニ回ほど遊ぶと、

三歳児たちもコツをつかむようです。

 

丁寧に扱って楽しむことも、

子どもたちは大好きです。 

くり組(年長組)は、

それをよく見て描きました。


画用紙の中にも自分の紙風船が

できました。